YouTube広告を使って広告をしたときの実際の効果を知りたい

気になる効果のこと

パソコン

費用対効果を大きくしたい

物やサービスを作っている企業にとっては、その品質を上げることが最重要課題だといえます。そのため、広告は二の次になってしまう企業もあるのです。
しかし、どんなに良い製品でも人に知られていなければ希望通りの使われ方を実現できないため広告を利用します。そうはいっても予算が制限されているので、できれば効果の高い宣伝をしたいと考えるのは当然です。

二つのバージョン

では、YouTube広告を出そうとするとき、どのようなやり方が一番効果が良いのでしょうか。まずは宣伝担当者はYouTubeを見てみましょう。そうすれば広告の印象が分かります。
このとき、スキップできない広告のことをインストリーム広告といいますが、スキップできるものがTruViewインストリーム広告といいます。印象をどうしたいかで決めるといいでしょう。

5秒で勝負する

統計で広告の印象が良いのは圧倒的にTruViewインストリーム広告です。理由はスキップしやすいから、好きな動画を見続けられるからという点です。
5秒しか見られない広告は効果があるのか、と考えてしまいますが、5秒で印象の良いものを作れるなら効果は倍増するといえます。

どんな広告が印象的?口コミを参考にしよう

動画を見るのを中断される意義がある広告

広告ってよく動画サイトを見ているときに流れますが、やっぱり目的は動画を見ることじゃないですか。だからせっかく広告を見るならスキップしやすいものが良いなぁって私は思います。スキップできないと困りますね。

お洒落な雰囲気があると引き込まれてしまう

うまく言葉では言えませんが、YouTube広告で思わずじっと見てしまうのはお洒落な雰囲気があるものですね。色とりどりだったり、今話題のモデルが出ていたり、話題性があると手を止めて見てしまうと思います。

料理の作り方の広告はいつも見ています

いつも「今日のご飯はなんにしようかなぁ」と考えているので、動画を見ているときに流れるレシピ系の広告は終わりまで見てしまいます。興味があるものだと動画を見る前に流れる広告でも見たくなりますね。

テスト形式やチュートリアル形式のもの

基本的に動画サイトの広告ってあまり見ないんですが、参加型のものだったらチェックしちゃいます。例えば「うつ病チェックリスト」とか、自分でチェックする形式だったら結果も知りたいので絶対最後まで見ますね。

工場見学ができる動画はとても興味がある

騒がしい広告ってそんなに好きじゃないんですが、知っていて自分の知識になる広告なら見ます。最近思わず見ちゃったのが工場で製品ができるまでの動画ですね。原料から製品になるまでの流れが興味深かったです。